アクアリスト.com

ヤマトヌマエビ

メンテナンスフィッシュでは、まず代表的なのがヤマトヌマエビではないでしょうか?

そのコケ取り能力の高さからアクアリストで知らない人はいない人気者です。

ヤマトヌマエビ

IMG_0096

photo ヤマトヌマエビ・南米ウィローモス・アヌビアスナナ・ハイグロフィラピンナティフィダ

日本の渓流域に生息している大きめのヌマエビで最大5cmくらい。

透明感のある体に、黒ゴマみたいな斑点があります。

よく見ると尻尾には青い柄がはいっています。

なんと言ってもコケ取り能力が高いので、水槽に何匹かいれておけばコケの発生を抑えてくれる頼もしいメンテナンスフィッシュです。

管理人も水槽の立ち上げ当初には、ヤマトヌマエビとサイアミーズフライングフォックスのお世話になってます。

IMG_0078

注意点は、その活動的な行動から水槽に入れすぎると水草を抜いたり、葉の柔らかな水草をかじられたり(食害)という点ですが、実際にコケが発生してから水槽に投入する場合は、入れすぎくらいに投入して様子をみて間引くくらいがちょうどいいと思います。

特にウィローモスなどのコケ類とは相性がよく、コケの見た目を綺麗に維持してくれる掃除屋さんです。

水槽内でも抱卵する姿が見られますが、幼生期には海水が必要で水槽内での繁殖は難しいです。

自然界では、川が海に流れ込む汽水域で卵を孵すみたいですよ。

sponsored link

コメント

  • 以前、水族館で「ホワイトソックス」っていうのを見たんですけど、あれは飼えるんですか?

    by Hiroyuki Fujiwara €2015年3月25日 3:24 PM

  • ホワイトソックスは海水アクアリウムでは飼えます。よくみんな水槽に入れてますね~^^b

    by アクアリスト.com €2015年3月26日 6:08 PM

down

コメントする




関連記事

アクアリウムとは?

簡単 ボトルアクアリウム!

レイアウト選び

水槽(タンク)選び

底床(ソイル)選び

濾過装置(フィルター)選び

CO2添加システム選び

照明選び

水草植える前に読もう

水草選び アクアプランツ

生体(お魚)選び

水槽メンテと便利アイテム

ゆーじの水槽(タンク)

雑記・所感のコーナー

管理人

ゆーじ

ゆーじ

アクアリウム暦3年目に突入の管理人ゆーじです。このブログを通じてアクアリウムに興味を持って頂ければ嬉しく思います。 [詳細]