アクアリスト.com

小枝流木は小型水槽のレイアウトに!

time 2015/03/11

小枝流木は小型水槽のレイアウトに!

こんにちは、今回は小枝流木のご紹介です。

まあ、なにを紹介するの?ってことなんですが、流木には大きく分けて2つの種類があるんですよね。

その1つは、木の枝の部分が流木になったもの。

もう1つが、木の根っこ部分が流木になったもの。

見た目ではシャープな感じなのは枝系で、曲がりくねった曲線系が根っこのものになります。

IMG_0133r-tile

さてこちらの小枝流木は、どちらの系統でしょうか?

小枝流木はサイズ的に言うと20cmくらいな見た目なので、主に小型水槽のレイアウトで使われます。

写真のようなもの1本だと、水草が生長してきたらその存在感も消えてしまうのでセット初期には見た目にちょっとウルサイかなあと感じるくらいにレイアウトしてやっといい感じです。

写真のような小枝だとあと2本足して合計3本くらいでレイアウトしたいですね。

レイアウトのコツとしては、水草は縦に伸びるので枝先を斜めにして存在感を出したり、いっそ水面から枝が飛び出すようなレイアウトも小型水槽にはない高さが出て全体的な印象に広がりを感じさせるので良いと思います。

小枝流木

石よりも流木の方が、存在感が柔らかくなるので流木レイアウトには大胆な構図が面白いんじゃないかなーと感じます。

あと流木の枝先とか人工的な切り口だったらペンチでその部分を潰したり、ウィローモスを巻いたりして隠せば自然な感じになりますよ。

流木同士の組み合わせは、構図が決まれば流木同士をプラスチック製の結束バンド(ケーブルタイ)で動かないようにすると便利ですよ。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

アクアリウムとは?

簡単 ボトルアクアリウム!

レイアウト選び

水槽(タンク)選び

底床(ソイル)選び

濾過装置(フィルター)選び

CO2添加システム選び

照明選び

水草植える前に読もう

水草選び アクアプランツ

生体(お魚)選び

水槽メンテと便利アイテム

ゆーじの水槽(タンク)

雑記・所感のコーナー

管理人

ゆーじ

ゆーじ

アクアリウム暦3年目に突入の管理人ゆーじです。このブログを通じてアクアリウムに興味を持って頂ければ嬉しく思います。 [詳細]