アクアリスト.com

ボトルアクアリウム 作り方その4 維持方法

time 2015/02/05

ボトルアクアリウム 作り方その4 維持方法

ボトルアクアリウムの維持についてお話してゆきましょう。

エサやりについて

基本は1日に1回です。

エサの量は耳かき1杯分くらい・・・ボトルアクアリウムだとお魚も2,3匹とかになるので

多く与えすぎると水質悪化の原因になるので気をつけてくださいね。

管理人は2日に1回だけの時も多いですが、それくらいで大丈夫です。

あと使うエサにも気をつけたいですね。

一番良いのはインフゾリアとかミジンコとかになるんですけど、ちょい面倒なので、現状管理人が使用してるエサをご紹介しておきます。ポイントは水質悪化を軽減してくれるエサ。

キョーリン ネオプロスです。

ネオプロス餌

メダカ用のメダカプロスも販売されてますよ。

また餌の食べ残しが水質悪化の原因になりますが、

そこはミナミヌマエビがフォローします。

 

水換えについて

水換えは、最初の1ヶ月くらいは、3日に1度ボトルの1/3を交換しましょう。

その後は、1週間に1度1/3でOKです。

水草が生長してきて、浄化作用も効いてくれば1週間に1回でもよいのですが、夏場の暑い日が続く7月、8月は高温のために酸素不足になりがちなので回数を増やしてください。

お魚さんの様子を伺っていると、SOSサインにも気づきますよ。

水中が酸素不足になると、生体は酸素を求めて水面近くに集ります。

次回の記事でボトルアクアリウムの水換えに便利なアイテムをご紹介しますね。

blog_import_54b6fa133ef91

トリミングについて

トリミングっていうのは剪定(せんてい)という意味です。

植木屋さんがその道のプロですが、ボトルアクアリウムでは

そんなに難しく考えなくてOKです。

長く伸びすぎたところや、見た目の悪い部分を取り除くだけでOKです。

詳しいトリミングについてはまた記事にしたいと思います。

リセットについて

どうしても、藻類の発生が強すぎるというケースは、光量が多すぎな場合が多いので、その時は新聞紙でボトルを隠してしまうなどの遮光処置をとりましょう。

水草もあるので3日遮光⇒1日そのままを繰り返したりしてみましょう。

それでも無理と感じたら、生体と水草を取り出してリセットしましょう。

そう、最初からやり直すんです。

リセットのハードルが低いのがボトルアクアリウムのよいところですね。

では管理人より皆さまにこの言葉をプレゼントしたいと思います。

「観察に勝るメンテなし」

それでは今日も観察を楽しみましょう♪

sponsored link

down

コメントする




アクアリウムとは?

簡単 ボトルアクアリウム!

レイアウト選び

水槽(タンク)選び

底床(ソイル)選び

濾過装置(フィルター)選び

CO2添加システム選び

照明選び

水草植える前に読もう

水草選び アクアプランツ

生体(お魚)選び

水槽メンテと便利アイテム

ゆーじの水槽(タンク)

雑記・所感のコーナー

管理人

ゆーじ

ゆーじ

アクアリウム暦3年目に突入の管理人ゆーじです。このブログを通じてアクアリウムに興味を持って頂ければ嬉しく思います。 [詳細]