アクアリスト.com

ハイグロフィラ ピンナティフィダ

time 2015/02/28

ハイグロフィラ ピンナティフィダ

ハイグロフィラ・ピンナティフィダ

育成難易度 ★★

葉の色  表葉は黄緑~深緑で、葉裏は茶色っぽいギザギザの葉です。

CO2   無くても可

照明   光量については60cmで2灯くらい。

配置   使い方によってポイント、後景

インド原産のハイグロフィラの仲間で最近人気の水草です。

ハイグロフィラと言えば、ポリステルマやウィステリアを思い浮かべる人が多いと思いますが、イメージは全然違います。

IMG_0096

*上部ギザギザの葉がそうです。

このピンナティフィダは、見た目がギザギザでシダ系な感じで丈夫です。

管理人も初めて見たときシダだと思いましたが、有茎系なんだから驚きました。

管理人がはじめて水槽に植えてみたのは、全長20cmくらいの大きさで後景のポイントにと思って使ってみました。

ロタラなどの有茎系と違い成長はゆっくりで、枝分かれと横にも茎をだして増えていくので、その分かれた部分をピンチカットして増やせます。

またシダみたいに活着してくれるので、流木や石にアヌビアスと同じような感じで使えます。

管理人も流木に、ウィローモス&アヌビアス&ピンナディフィダという使い方をしてますが色目が違うのでボリューム感が出ます。

ハウグロフィラ・ピンナティフィダ

どちらかと言うと、この活着力を利用したレイアウトの方が有名ですね。

ただ活着させたものは成長が遅く、底植えの方が早く成長するので株分けしたい人は底植えのものから分かれてきた小さい株を使って活着させると良いと思います。

逆に小さいほうが可愛いので、あえて活着させて使う方が流行してるんでしょうね。

ADAの侘び草にもこれありましたよね?

ということで陰生植物じゃないと思いますが、活着させて使うならアヌビアスと同じように配置できますし、逆に照明のあたるところにピンナティフィダを使い、陰になる部分にアヌビアスなどというレイアウトもありだと思います。

個人的にはジャングルっぽいかなと思います・・・何がジャングルなのかの説明はできませんがw

たぶん管理人の中ではシダ=ジャングルというイメージなんでしょう。。。

さあ、みなさんの水槽もジャングルっぽくしてみませんか!?

追記 ピンナティフィダの水上葉化の記事

sponsored link

down

コメントする




関連記事

アクアリウムとは?

簡単 ボトルアクアリウム!

レイアウト選び

水槽(タンク)選び

底床(ソイル)選び

濾過装置(フィルター)選び

CO2添加システム選び

照明選び

水草植える前に読もう

水草選び アクアプランツ

生体(お魚)選び

水槽メンテと便利アイテム

ゆーじの水槽(タンク)

雑記・所感のコーナー

管理人

ゆーじ

ゆーじ

アクアリウム暦3年目に突入の管理人ゆーじです。このブログを通じてアクアリウムに興味を持って頂ければ嬉しく思います。 [詳細]