アクアリスト.com

ドワーフフロッグビット

time 2015/02/09

ドワーフフロッグビット

ドワーフフロッグビット

育成難易度 ★

葉の色   緑系の小さな丸い葉

CO2    なくても育つ

照明    低光量にも強い

配置    浮かべます

フロッグビット

南米の河川や湖沼に生息する多年草の浮き草です。

管理人も夏場にビオトープで外の睡蓮鉢に浮かべていました。冬場もそのまま放置していたら、枯れたように見られたんですが翌年の初夏には元気に増えてましたので割と強いと思います。

名前の通り、カエルがのっている例の、ええ例のやつですw

同種の浮き草であるアマゾンフロッグビットと見比べても、その小ささがわかると思います。

初心者でも扱いやすく、すぐに増えていきますので、古く見た目が悪くなったら捨てていきましょう。

ボトルアクアリウムでもつねに2株くらいあればOKです。

増えすぎて水面を覆ってしまうと、他の水草の成長を妨げてしまう可能性が大きくなってしまいます。

室内のアクアリウムでなぜ浮き草を使うのか・・・についてですが、これは水質維持のために使いやすいからです。

どういうことかと言うと、普通に水草を植栽してしまうと抜いたり、根元からカットしたりと面倒ですし底床の砂やソイルを巻き上げてしまい、それが水質悪化の一因となってしまうかもしれません。

浮き草を使えば、増えた分を捨てるだけで調整ができますし、浮き草の特性として光を遮る・・・遮光効果も期待できるからです。

水槽の立ち上げ初期や、エサのやりすぎや、肥料の入れすぎにより富栄養の状態になった水槽では藻類の発生があります。

水槽のガラス面を覆ったり、グリーンウォーターになったりと・・・

IMG_0125

通常はメンテナンスフィッシュでもあるヌマエビやオトシン、フライングフォックスなどが頑張ってくれているのですが、許容量オーバーになってしまった時、そんなSOSな時に活躍してくれるのがフロッグビットなんです。

だから使わなくなってもどこかで2株くらいは残しておきましょう。役に立つ時があるかもしれませんからね。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

アクアリウムとは?

簡単 ボトルアクアリウム!

レイアウト選び

水槽(タンク)選び

底床(ソイル)選び

濾過装置(フィルター)選び

CO2添加システム選び

照明選び

水草植える前に読もう

水草選び アクアプランツ

生体(お魚)選び

水槽メンテと便利アイテム

ゆーじの水槽(タンク)

雑記・所感のコーナー

管理人

ゆーじ

ゆーじ

アクアリウム暦3年目に突入の管理人ゆーじです。このブログを通じてアクアリウムに興味を持って頂ければ嬉しく思います。 [詳細]