アクアリスト.com

ウィローモス

ウィローモス

育成難易度 ★

葉の色 緑系のコケ状

CO2  なくても育つ

照明  低光量に強い

配置  前景

ウィローモス

初心者向けの水草でエビとの相性もよく、特にBeeシュリンプとかのエビ飼育産卵床や稚魚のベッドにも使われます。

コケ類なので、流木や石に活着させて使用することが多いです。

管理人がボトルアクアリウムでおすすめした南米ウィローモスは、色は少し明るめでウィローモスと比べると活着も弱めですが成長すると立派なシダのような三角形の葉を繁らせます。

南米ウィローモス

導入は簡単ですが、成長し繁りすぎると下の方の葉が茶色くなり、枯れてきてしまうので、活着している流木などの場合は取り出してハサミでトリミング(剪定)して短くしてください。

上の写真だとそろそろトリミングです。

短くなってもまた、そこから綺麗に生えてくるのが楽しめます。

感覚的には、一番見栄えのするちょうどその時がというタイミングなのですが、放置しすぎると下葉が枯れて流木との活着もなくなります。

トリミング方法は、活着させた流木や石をそれごと水槽から取り出してきてトリミングを行うという点です。

トリミングを水槽の中で行うと、カットした細かいモスの葉がいろんなところで成長してしまうので水景を保つためには注意しましょう。

水中でトリミングしなくてはならない状況は出てくるかと思いますが、その時はトリミング後の掃除をしっかりと行ってください。

そうしないと、トリミング後に残ったモスが思わぬところで成長することになり、結果的にイメージしていたレイアウトを壊してしまうかもしれません。

これはモス全般に言えることです。

モスを使ったレイアウトはその雰囲気からも人気なのですが、モスレイアウトの水景を維持するには細かなトリミングが必要なので、初心者向きではないかもしれません。

導入するなら、トリミングしやすい環境を作れるようにする注意が必要ですね。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

アクアリウムとは?

簡単 ボトルアクアリウム!

レイアウト選び

水槽(タンク)選び

底床(ソイル)選び

濾過装置(フィルター)選び

CO2添加システム選び

照明選び

水草植える前に読もう

水草選び アクアプランツ

生体(お魚)選び

水槽メンテと便利アイテム

ゆーじの水槽(タンク)

雑記・所感のコーナー

管理人

ゆーじ

ゆーじ

アクアリウム暦3年目に突入の管理人ゆーじです。このブログを通じてアクアリウムに興味を持って頂ければ嬉しく思います。 [詳細]