アクアリスト.com

エアチャムプロジェクト01 のん水 後編

time 2015/05/20

エアチャムプロジェクト01 のん水 後編

さて前回のエアチャームプロジェクト01の続きです。

sponsored link

エアチャームプロジェクト01 のん水 後編

夢だと思ったら、夢じゃなかったという展開からお話は続きます。

 

まさか・・・あの神様の夢が現実だなんて・・・

もうやるしかない!でもどうやって道具揃えればいいんだ・・・

ネットで調べてみるか!

カチャカチャカチャ・・・カチャカチャカチャ・・・カタカタ・・・

なるほど、チャームっていうペット関連サイトなら色々揃いそうだな。

 

さっそく昨夜見てた「のんびり水草アクアリウム のん水」で紹介されてたあの小型水槽を調べてみるか・・・

20150331

なになに・・・

水槽は20cmキューブタイプかあ、

照明はなんか改造っぽいな・・・CO2は添加と・・・

濾過装置ってのは、オリジナルの自作かあ。

自作は無理にしても濾過装置てのは必要だな。

あとヒーターに、枝流木にソイルと、魚はエンドラーズのタキシード系って書いてあるなあ。

それにヤマトヌマエビと~あとは水草か!

グリーンロタラ、ロタラインディカ、アヌビアス ナナプチ、ウィローモス、ニューラージパールグラスっと、詳しく書いててくれて助かるなあ~

  1. 20cmキューブ水槽
  2. 小型水槽用照明
  3. CO2添加に必要なもの
  4. 濾過装置
  5. 小型オートヒーター
  6. 枝流木
  7. ソイル
  8. 生体:エンドラーズのタキシード着てる奴、ヤマトヌマエビ
  9. 水草:グリーンロタラ、ロタラインディカ、アヌビアス ナナプチ、ウィローモス、ニューラージパールグラス

よし、これで全部ノートに書き出したから、あとはチャームで手配できるか見てみよう。

カチャカチャカチャ・・・カチャカチャカチャ・・・カタカタ・・・

えーっとチャームのこの上のタブでアクア用品を選んでと、水槽単体と・・・

まず水槽はこのクリスタルキューブでいいかな。

13793-1

カゴにいれて~っと、次もアクア用品から照明選んでと、どれがいいかなあ~最近はLEDのが電気代も安いって言うからなあ~

20cm用てのは種類が少ないんだな~お、これがいいかな値段のとこが赤くなってるから特価なんだろうし。

170169-3

次はCO2かあ~結構高いんだなあ~でも、水草育成には必要って書いてるしなあ~、取りあえずはじめてだしフルセットにするか。

ん、電磁弁とタイマーついてる方が高いけど・・・自分でスイッチ切るよりやっぱ自動のが楽だしなあ~こっちにするか。

あれ2つあるけど・・・そっか、チューブの細さか、小型水槽だから3mmの方にしようか。

179902-1

次はなんだっけ・・・そうだ濾過装置ってやつだな。

のん水さんのホームページのやつは自作だから真似できないけど、同じように水槽の横に置けるタイプがいいな。

上のアクア用品から・・・これはフィルターってとこか・・・色んな種類あるけど、お目当てのは外部式ってやつだな。

小型用のやつはどれだろ・・・エーハイムにテトラにスドーにGEXかあ。。。

26984-1

これも中和剤おまけの赤字特価品のやつにしとこうか・・・20cmの高さでもいけそうだしな。

次が小型オートヒーターだな。

のん水さんのは濾過装置に入れてるけど、市販のやつはそんなの入れられないから出来るだけ目立たないタイプを探そう。

ヒーターは水槽に入れる水の容量で種類が変わるのか~んじゃ、この黒いのかな。

44453-1

次は枝流木か~これも色々ありそうだけど小さいの選ばないとな。

お、このウォーターフェザー巻きたてというのがカッコイイかなあ~自分で巻くのはメンドクサイしこれにしよう!

480050-1

モスじゃないけど、同じコケの仲間だろうし決めた。

次はソイルか~ソイルってのは底に敷くやつだな。

どれどれ~っと・・・水草用ってところから~これも種類多いなあ

でも量はそんなにいらないからな。おっこれにしよう!

14658-1

なんたって水草一番って書いてるから一番よいんだろう。きっと。。。

さあて最後は水草だったかな。

お、その前に魚か・・・

エンドラーズてどんな種類かわからないし・・・

お、ページの上の方に検索枠があるから、そこで調べよう。

お~、いっぱい出てきた。

1ペアで1万円近くもする種類もあるんだな・・・

タキシードってのはいないけど、このライブベアラーてのが安いし綺麗だからこれに決めた。

11455-1

小型水槽だから1ペアを大事に育てよう。

っと、そういあ水槽は立ち上げてすぐに魚入れちゃダメだって友達が言ってたな。

あぶない、あぶない、、、エンドラーズとヤマトヌマエビだけはまた後日にするか。

よし、ラストは水草だな。

モスは、枝についてるフェザーなんたらってのがあるから除外してと・・・

グリーンロタラ、ロタラインディカかあ、ロタラっていうのは種類多いんだなあ。

おっお試しセットてのがあるから、これにしとこう15本あればオーケーでしょ。

430571-1

アヌビアス ナナプチは・・・あったあった、稚魚の隠れ家・・・これカッコイイからこれにするか~2個くらいあればいいかな。

430010-2

よし、最後のニューラージパールグラスだな。

これは前景用のところか・・・絨毯のような・・・キューバパール?違う!

検索枠で探そう。。。

あったあった、これは20cm水槽だから、そんなにたくさんはいらないけど少なすぎるのは悲しいから1シートのやつにしよう。

472379-1

でもこのニューラージパールグラスってどうやって植えるんだろ、ピンセットも必要だよな~

お、なんかピンセットの先にハサミつけれる面白いのあったからコレでいいや。

長さは30cmくらいのが使いやすいかな。

61260-1

一応これでリストのやつはカゴに入れたけど、他に必要なものはないかな?

バケツは家にあるのを使えばいいし。

トータルで結構するけど、しょうがないよなあ。

WS000027

これも、神様との約束の為だ・・・しょうがないんだあっ!!

お年玉貯金を崩すしかないか。。。

WS000026

*上記合計にはエンドラーズの料金も含んでおります。

ポチッ。。。

それから2日後

ピンポーン~宅急便でーっす!

チャームさんから丁寧に梱包された荷物が届いた。

さっそくアクアリウム経験のある友人と一緒に水槽を設置して、ソイルを敷いた。

つぎに外部濾過を設置し、ヒーターも設置した。

友人に助けてもらいながらCO2もセットが完了した。

ソイルの上には枝流木を斜めに置き、流木の根元にアヌビアス・ナナプチを置いてみた。

それだけでテンションが上がってしまい、水槽1/3くらいに静かに水を入れたかったのだが、手が震えて上手く注水できなくて友人に笑われてしまった。

その後、教えられながら、まず前景のニューラージパールグラスのシート状をピンセットで適当な大きさに引きちぎってソイルに埋め込むように植えていった。

できるだけ、まんべんなく前景が植えられたので次はロタラを後景に植える作業のために、水位を水槽の1/2くらいに上げた。

ロタラは5種類3本づつだったが、これも友人の支持で根元からバッサリと切り、だいたい6cmくらいになったものを3本づつピンセットで植えていった。

何にもない無機質なガラスだった水槽が命を持ち始めたかのようだった。

いい感じだと頷きながら、水槽に水を満たし、ヒーターと外部濾過のスイッチをいれた。

仕上げに照明を載せスイッチを入れた瞬間は今でも忘れられない。

2週間後

設置の翌日からは、友人に言われた通りに毎日水槽の1/3の水換えをした。

換え水は、バケツに汲んだものを一昼夜、玄関前に出していたのを使うことを繰り返したのだった。

友人が、そろそろロタラの背が伸びてくる頃だから、切らないとダメだよと教えてくれた。

思い切ってソイルから3cmくらいのところでカットし、カットした部分はまた長さを揃えて3本づつその横に植えていった。

どうやら友人は、この事も見越して、最初に植えたときに隙間を作っていたようだったった。

「ふっ・・・あいつもなかなかやりおるわ。。。」

本人が目の前に居ないと上から見下げるような独り言を発してしまう自分を恥ながら、トリミング作業を続けた。。。

1ヵ月後

トリミング後からは、水換え作業は1週間に1度になっていた。

そして遂に約束の日から1ヶ月が経とうとしていた。

ピンポ~ン♪宅急便でーす!

チャームに頼んでおいたエンドラーズのペアとヤマトヌマエビ、網、それにネオプロスとかいうフレーク状の餌が届いた。

友人からは、生体を水槽に入れるときは温度あわせが重要だと聞いていたので、水槽の横に生体の入った袋を置いて2時間以上待った。

水合わせも大事と聞いていたので、小さい容器に網を使って生体を移し、水槽の水を1/3入れて30分待ち、容器の水を1/3捨てては、また水槽の水を入れることを3回くりかえした。

エンドラーズは元気に泳いでいる。大丈夫だ。

その姿に後押しされるように自信を持って網でエンドラーズとヤマトヌマエビを移動した。

友人からは出来るだけ送られてきた袋の水は入れないように言われていたからだ。

生体が入った水槽は、我ながら見事なものだった。

あの理想の水槽にどれだけ近づくことができたかを確認するため、ネットで例の「のんびり水草アクアリウム のん水」のブログページに飛んだ。

DSC00138-1

ん~近づいたかな・・・

いや、俺の方が・・・

もしかして、越えちゃった!?

ニヤニヤと自分の水槽を眺めているうちに寝てしまったようだ。。。

夢の中。。。

川 ̄ー ̄川 「ひさしぶりじゃのう~~~~~!」

~~~~~((((((ノ゜⊿゜)ノあぁ神様が現れた!

川 ̄ー ̄川 「どうじゃ、オヌシの言うておった輝く水槽はできたかの?」

<(_ _)> 「はい、あれからすぐに取り掛かりましてございます。」

川 ̄ー ̄川 「して、結果はどうじゃったのじゃ?」

<(_ _)> 「はい、それはもう自分で言うのもナンなんですが・・・」

「あのとき神様がお持ちになっていた輝く水槽を越えてしまいました!」

川 ̄ー ̄川 「これのことかのう?」

<(_ _)> 「お~、それ、それのことでございます。」

 

( ―・─ _____ ─・─ ) ジロリ

 

(∴`┏ω┓´)/「バッカもお~~~んっ!!」

(∴`┏ω┓´)/「オヌシの水槽なんぞ、のん水水槽の足元にも及ばんわっ!」

(∴`┏ω┓´)/「前景のニューラージパールグラスも生え揃っておらんくせに!」

ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ「天罰だけは、おゆるしををを~」

(   ───┬___───┬)ジロッ

 

川 ̄ー ̄川 「フフフ、まあ不出来ながらもオヌシはアクアリウムの第一歩を踏み出したんじゃからの、許してやらんでもないのう。」

!!(゜ロ゜ノ)ノ「本当ですかっ!」

川 ̄ー ̄川 「うむん、じゃが条件がある。」

!!!(゜ロ゜ノ)ノ「条件とはいったい、どうゆうことでしょうか?」

川 ̄ー ̄川 「よくぞ聞いた!」

「条件とは、なに、簡単なことじゃて・・・」

!!!!(゜ロ゜ノ)ノ「ゴクリ・・・」

川 ̄ー ̄川 「オヌシがアクアリウムの世界を広げるんじゃ!」

「出来るな!?」

ヒィ!(゜ロ゜ノ)ノ「この私に出来る事なら、全身全霊でやらせてもらいますっ!」

川 ̄ー ̄川 「ホホホ、そうか、それでは頼んだぞい♪」

「では、さらばじゃ~」

!!!!(゜ロ゜ノ)ノ「あーっ、お待ちください!あなた様のお名前は!?」

川 ̄ー ̄川 「ワシか・・・、ワシの名前は・・・」

「あ・・・」

「く・・・」

ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ

 

川 ̄ー ̄川 「あくありうむの神じゃ!」

「では、頼んだぞい~~~~♪」

(/TДT)/あうぅ・・・・コワかった。。

この夢のあと、目覚めた彼は約束どおりアクアリウムの道へと突き進むのであったが。。。

ガシャン!!「違う!これじゃ水槽が輝かない!」((“o(>ω<)o”))

「ダメだ!もっと全てを!もっと透明に輝かせるんだっ!!」

 

まさかこの時まで・・・彼が、後にアクアリウム界において、その人あり!と言われるまでの人物になるとは誰も思っていなかった。

そう、彼の名は ゆーじ 

のちに「ネイチャーアクアリウム界の王」と呼ばれる男である!

 

完! (-o- )ノ

*この物語は、あくまでフィクションです。登場するショップやブログは存在しますが、これはあくまでアクアリウムに関心のあるビギナー様に対して書かれた物語となります。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

アクアリウムとは?

簡単 ボトルアクアリウム!

レイアウト選び

水槽(タンク)選び

底床(ソイル)選び

濾過装置(フィルター)選び

CO2添加システム選び

照明選び

水草植える前に読もう

水草選び アクアプランツ

生体(お魚)選び

水槽メンテと便利アイテム

ゆーじの水槽(タンク)

雑記・所感のコーナー

管理人

ゆーじ

ゆーじ

アクアリウム暦3年目に突入の管理人ゆーじです。このブログを通じてアクアリウムに興味を持って頂ければ嬉しく思います。 [詳細]